制作コストが高い傾向にある!

web制作会社にWEBサイトの制作を依頼した場合のデメリットと言えるのが、コストが高いという点です。web制作会社に依頼すると多くのスタッフが携わる事になり、制作の全工程を請け負うという形になります。そのため、フリーランスなど個人で事業を行っているWEBデザイナーと比較するとコストはかかりやすい傾向にあります。web制作会社の費用に関しては、会社の知名度や規模、作成するWEBサイトのページ数などによって異なってきます。ただ一般的には少なくても20万円前後の費用はかかると言えるでしょう。制作するWEBサイトの内容によっては数百万円かかるケースも少なくありません。また更新作業が簡単にできるシステムの導入やスマホでの閲覧も可能なレスポンシブデザインを採用したりすると、オプション料金が発生する事もあるので、その点は注意しておきましょう。

柔軟な対応ができないなどのデメリットもある

web制作会社は組織で動いているため、会社の規模が大きいほど、柔軟に対応する事が難しい点もデメリットの一つと言えるでしょう。例えばフリーランスとして一人でWEBサイト制作を行っている方の中には、撮影や文章の作成など柔軟な対応を強みとしている方もいます。それに対しweb制作会社の場合は、カメラマンやライターを手配する必要があるなど、コストやスケジュール調整といった面でスピーディーに対応できないケースもあります。

他にもweb制作会社のデメリットとしてあげられるのが、更新作業がすぐに行えないという点です。現在使用しているWEBサイトでページの更新ができるようなシステムを導入していない場合は、web制作会社に連絡して、その都度更新したもらう必要があります。そのため、どうしても更新するまでに時間がかかりやすくなってしまいます。また更新できるシステムの導入には別途料金が発生する他、定期的なアップデートが必要です。

webサイト構築は、アルゴリズムやプログラミングなど専門スキルが必要となりますが、様々な作業の過程でスキルアップを図ることも可能です。